共通点を見つけることがセフレになる第一歩

裸で抱き合う男女
セフレ募集のサイトで、さっそくコンタクトが来たという人は、そこで慌ててはいけません。
アナタの返信次第で相手がセフレになってくれるかどうかが分かれます。
すべての人が相手を見つけられる訳ではないことをしっかり認識しておかなければいけませんので、慎重に、しっかりと返事をしていきましょう。

相手との共通点を作る

新しく友達を作るときは、大抵なにか共通の話題がありますよね。
バイト先が一緒だったり、同じ大学を出て居たり、出身地が一緒だったりなどなど。
狭い範囲だと、同じ映画が好きだったり、同じ趣味を持っていたりなど、共通点は意外と見つけることができるのです。
会話の中でそれとなく見つけて話題にすることで、親近感を覚えさせることで、一気に距離を詰めることができます。
最初から「何が好き?あ、俺もそれが好き」なんて言うと嘘っぽく聞こえてしまう可能性が高いので、相手のプロフィールを熟読してから、共通点を見つけて、「プロフに書いてたの、俺も好きだから声かけちゃった」など偶然を装うのがポイントです。
たまに、プロフィールに趣味などを書いていない子がいます。

そう言う子に対しては、エッチについて直接言ってみると良いかもしれません。
セフレを純粋に募集しているのであれば、それを話題にするのが一番でしょう。
また、共通点を見いだせない時に無理をして見つけようとしてがっついてしまうというのも失敗しがちなパターンです。
共通点が無いという時は、開き直ってセックスのことに特化してもいいと思います。
出会い系ですが、恋人を募集しているのではないなら、そう言ったきっかけを必要としないことが多いのです。
しかし、共通点があり、話が弾んだ状態でセックスをすれば、それだけで気持ちが盛り上がることがほとんどですので、できるだけ見つけた方がいいと言えます。

合致した共通点を見つけられたら

セフレを作りに行ったのに、共通点があり過ぎて話し込んでしまった、と言うことを聞いたことがあります。
あまりその共通点だけを話すのも良くないのかもしれませんね。
あくまでも話すきっかけとして、共通点探しをするのがポイントです。
また、相手の子が好みだからと言ってウソをつくのは必ずボロが出てしまいますので、ウソはほどほどにしておきましょう。
相手に合わせて嘘をついていると、途中で分からなくなり、「適当な人だな」と思われて断られる場合もありますので、セフレだとしても、小人だとしても、女性には真摯な対応をするのが当然なのです。

長すぎず、短すぎず、相手に好かれるプロフィールを作る

出会い系サイト・アプリなど全般的に言えるものですが、自分のアプローチの方法は、なんといってもプロフィールです。
自分が相手を探している時に、プロフィールを見てから決めますよね?それと同じで、相手があなたを探している時も、プロフィールをみてセフレに決めているのです。
そのため、プロフィール欄はセフレを作るために、重要なポイントだと言えます。

しっかりと構成されたプロフィールを作ること

例えば、「25歳・東京住み・20代のセフレ募集」だけ書かれたプロフィールをみても、ぐっとくるものはなかなかないでしょう。
むしろ若干不審な気がして手を出せなくなるということも多いのではないでしょうか。
出会い系は、過剰なまでに自分のアピールをすることで、前に出ることができますので、他の人に負けないようにしっかりとアピールしていきましょう。

ここで気を付けなければいけないことは、だらだらと書きすぎないということ。
長文になってしまったらそれだけで相手は読むのを諦めて、別の人のところに行ってしまいます。
たとえ、書き込むフォームが1万文字入力できたとしても、1万文字もプロフィールを書いてしまっては、相手に重いと思われてしまいますし、最後まで読んでくれる人もいないでしょう。
相手の条件などを設定していると、すぐにこのくらいいってしまう、という人もいますが、たくさん条件があるのなら、それだけで人は来ないと思いますし、どんなひとでもOKならば、ずらずらと書くのではなく、単に「どんな人でもOK」と書けばいい話です。
その中で絶対にNGな事を一つか二つ程度書いておけば大丈夫でしょう。

簡潔を主体にする

よくプロフィールでは極端な書き方が見られます。
まるで相手に話しかけるようになれなれしく「東京に住んでる20代の男だよ~」みたいに、最初から軽い感じなのは、付き合いやすいという人もいれば、付き合いにくいと思う人もいるのです。
そのため、ですます調で話すようにしましょう。

そして、書き込むときは改行を上手く使いましょう。
こういった点は女性のほうが上手ですので、まずは他に募集している人を参考にするといいでしょう。
相手が読みやすいようにしてあげるのが目を引くコツです。
後は、顔文字を使うのも一つの手ですが、使いすぎると鬱陶しいと思われるので、最初か最後に一つ、という程度にしましょう。
また、機種によっては表示されない特殊文字を使用した顔文字は、相手に伝わらない可能性がありますので、多用するのを避けた方が無難です。

女子大生をセフレにすべし

セフレの相手を探すときに、自分の好みに合っているかどうかはとても大事なところですね。

例えば、女子大生、いわゆるJDくらいの若い女性とセフレの関係を持ちたいと思っている人も多いことでしょう。
実際、女子大生はセフレにするにはおすすめの相手なのですが、その理由はなぜなのでしょうか。

彼氏を持っている女性がおすすめ

セフレは、いつでも好きな時に呼び出してセックスをすることができる相手ですが、女子大生の中でも狙い目があります。
それが、彼氏が既にいて、パートナーがすでにいるという女性なのです。
普通なら、彼氏がいない人をセフレにしたいと思うかもしれませんが、それは少し違います。
彼氏が最初からいる女性のほうが、あとくされなく割り切った関係をすることができるのでおすすめなのです。
もし仮に、女性のほうが本気になってしまって恋人になってほしいと言い出して来たら、とても面倒なことになってしまうことになるのです。

思い切ったセックスをしたがっている

彼氏を持っている女性でも、自分の好きなようにセックスをすることができているとは限りません。
自分の好きな相手だからこそ、遠慮してしまって自分の好きなようにセックスをすることができていないかもしれません。
自分の本当にしたいと思っているセックス、自分の性癖を隠したままで、ストレスを感じているかもしれません。
そんな女性が、例えば安全に使えるすぐヤレるセフレ募集サイトで見知らぬ男性をセフレという形で別の関係を持った場合、かなり本気でセックスを求めてくることでしょう。
性欲の解消だけを目的としているのがセフレですから、それ以降のことを考える必要がないので、気軽に付き合うことができるのが最大のメリットです。

教えがいがある


彼氏がいるといっても女子大生ですから、大人の女性と比べると男性経験はまだ浅い部類に入ります。
そういった女性とセフレになって、自分からいろいろとテクニックを教え込むことができるのが、男性にとってもかなり気分がいいことではないでしょうか。
女子大生のほうも素直なので、少し変わったことでも普通のこととして受け入れてくれるかもしれません。
そうして自分好みのセフレとして育てていくことができるという楽しみがあるのも、女子大生をセフレにすることのメリットの一つですね。

以上、女子大生をセフレにすることのメリットの数々です。
ただ単に若いというだけではなく、それ以外にもおいしいポイントが多いのがわかってきたかと思います。