話し方で見る彼女にしたくない女

彼女探しをしている人の中には、相手の話し方を気にする人もいるのではないでしょうか。
たとえ初対面であっても、話し方次第では彼女にしたくない女とみなすこともあるでしょう。
女性はどのような話し方が、男性が嫌っているのかを知ることで、イケてる女性だと思われます。

話の内容でわかる彼女にしたくない女

初対面の人であっても、その人が話す内容によっては、男性が引いてしまうことがあります。
初めて会う女性から、過去の恋愛遍歴を聞かれるのは正直言って嫌だという人もいるのではないでしょうか。
元カノのことについて、「どんな人だった?」とか「何で別れたの?」とか聞かれると、正直思い出したくないのです。
このように、過去の恋愛遍歴を話題にしたがる女性は、男性から敬遠されてしまうことがあります。

また、自分から過去の元彼の話をしてくる女性も、男性はあまり好きではありません。
男性にとっては、女性の過去の恋愛遍歴に関してはどうでもいいと思っている人もいるのです。
初対面でお互いにいいなと思っているときに、過去の恋愛の話をされたら、付き合いたいという気持ちが薄れていきます。
このときに男性が女性に求めることは、他の男性の影が見えないことです。
もう過ぎ去った恋愛の話は避けて、これからのことを話すことが恋愛につながります。

話し方が悪いと付き合いたくない

トークの内容もそうですが、中でも話し方は相手によって不快に感じることがあります。
最近では、言葉遣いが鳴っていない女性が増えているので、そんな人とは付き合えないという男性もいるのです。
男性が自分の両親にそんな女性を紹介すると、言葉遣いの悪さから不安になることが多くあります。
「ウケる」や「○○じゃね?」などの表現は、女性が友達感覚で使っている可能性があります。
それと同時に大声で話されたら、男性も迷惑だと思うのです。
付き合うのなら、敬語と俗語をうまく使い分けられる人がいいでしょう。

話し方で見る彼女にしたくない女 まとめ

過去の恋愛遍歴を話題にする女性は、初対面においても男性から迷惑だと思われます。
男性の過去の恋愛遍歴を聞いてきたり、自分からその話をしてきたりする女性は、男性は付き合いたくないのです。
話し方においては、常に友達感覚で接し、言葉遣いが悪い人は男性が付き合いたくないと感じます。
話すときには、敬語も使えないと男性も好きにはなれません。
敬語と俗語をうまく使い分けられる女性が理想だと思います。

関連記事